小李老師之餃子の皮作りレッスン

(講義時間:約35分)

講義内容

☆講義内容

ギョウザの本場、中国東北地方仕込みの餃子の皮の作り方について講義します。
はじめての人でも理解できるように、生地の作り方から包み方まで、分かりやすく実演で解説します。

※本講義は、『Studio Angelino』(スタジオアンジェリノ)様にご協力いただいております。
『Studio Angelino』
東京都大田区北千束3-15-16
03-6670-5762
info@studio-angelino.com

☆商品説明

☆PDFタイプレジュメ
このレジュメには、小李老師の餃子の皮作りの仕方がまとめられています。
また、このPDFタイプレジュメをお買い求めいただいたお客様は、下記に記した小李老師の「小李老師之餃子の皮作り講座(約3時間)」に参加することができます。

【小李老師之餃子の皮作り講座】

中国の中でも、一般家庭で餃子を手作りすることが多い、中国東北地方出身の李先生による、初心者でもできる餃子の皮作りレッスンです。粉からコネコネして皮を作り、具材を包んで餃子にしていく楽しいレッスンです(⌒▽⌒)
過去1ヶ月に3回開催された実績があり、毎回満員の超好評レッスンです!!!
みんなで出来立て餃子を、作って食べて、楽しみましょう(^o^)/

★おススメポイント
1.餃子の本場〜中国東北出身の先生が教える皮の作り方、餃子のいろんな包み方が学べます。
2.創作料理の超好評海老チーズ餃子と、中国東北でしか食べれない「酸菜」餃子作りが学べます。
3.なんと先生お勧めの秋、冬定番の紹興酒も持参!!!(*^_^*)
4.中国人大好物の前菜「おやつ」、茹で上がる餃子の待ち時間が楽しみに!
5.最後はもちろん、小李老师のお約束のチャイナドレス姿にもお楽しみあれ!

●日時
2014年01月18日(土)
12時スタート(15時終了予定)

●場所
ラボ ガレージ 西武新宿駅前店(LAB GARAGE)
東京都新宿区歌舞伎町1-28-2 2F
03-6233-7990

●持ち物
エプロン、三角巾、ふきん(エプロン、三角巾はなくてもOKです。粉が服につかないように注意してくださいね)

●レッスン費
4500円(材料費込み、ワンドリンク付)
2杯目以降は、お店のドリンクどれでも500円/杯です。「紹興酒含み」

●定員
先着12名の少人数で開催予定。
餃子作りを通して素敵な出会いにつながりますように❤

★お申込み方法
1.画面下から、PDFタイプレジュメを購入してください。
2.お申込み確認メールが、届きますので、所定の講座に代金をお振込みください。
3.入金確認後、PDFタイプレジュメのダウンロードリンクをお送りします。
4.また、入金後3日以内に、李先生から直接メールにてレッスンの詳細についてご連絡させていただきます。
講義時間 レジュメページ数
約35分 27ページ
テキスト、レジュメ購入費

紙タイプレジュメ

紙タイプレジュメ

1円(税込)

販売していません

PDFタイプレジュメ

PDFタイプレジュメ

1円(税込)

販売していません

テキスト+紙タイプレジュメ

テキスト+紙タイプレジュメ

1円(税込)

販売していません

講師紹介

李 双 (り そう)
李 双 (り そう)
講師プロフィール

1985年4月 中国東北吉林省生まれ

母国語の中国語以外に、日本語、韓国語、インドネシア語が話せる。現在ベトナム語を勉強中。

2006年12月から2012年9月に来日するまで、上海明日進修学校にて、6年間中国語講師を勤めながら、日本企業の中国人スタッフ向けの日本語講師も一年間勤めた。

また、ゲーム会社セガ(上海)の専任中国講師として、4年間にわたり、社長からデザイナーまで、セガの上海駐在員の方々の中国語指導に携わり、語学力向上に力を注いだ。

他には、日立、三菱、住友、みずほ銀行の駐在員の方々に中国語を教えるともに、駐在員のご家族の家庭教師を勤めたり、日本人の小学生を対象にしたグループレッスンを実施した経験もあり。

中国語以外にも、中国在中の日本人の方向けに、中国の伝統文化である「中国結び」をレッスンしたり、皮から手作りする餃子の作り方を指導したりしていた。

上海在中の日本人の方向けに蟹ツアーを作り、中日友好に力を注いだこともあり。

2012年9月に来日後、東日本大震災の被災地の方に対して、自分ができる事がないかと考え、上海の日本人の方が喜んで下さった餃子パーティーを2013年11月から都内で2回ほど実施。利益の全額を仙台に寄付した。また、福島でも餃子のボランティアを実施。

その後、自分の生まれ育った中国東北地方の家庭料理である餃子を通して、日本の方にもっと中国を好きになっていただくため、中日友好の翼を目指して、日々、様々な活動を続けている。